So-net無料ブログ作成

信玄の軍配者【軍配者シリーズ第2弾♪】 [山本勘助]

205902.jpg


いきなりでなんですが、、



「富樫さん(作者の方)、すんませんでしたー」




前回のブログにて「早雲の軍配者」を紹介した際に、、

早雲の軍配者【戦国エンターテインメント小説を斬る!】
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2014-12-26

「風間小太郎の活躍が少なくね?、まさかこれで終わりじゃないよなぁー富樫さんよぉ」的な
上から目線のコメントを記載しておりましたが、小太郎ちゃん出てきました。ちゃんと。

で、第2弾は山本勘助がメインの物語。苦労をしましたが、とうとう軍配者として信玄に仕え、
活躍していきます。信玄の信濃平定に向け大枠において歴史通りに進んでいきます。

連勝の信玄を支える勘助。が、歴史上では信玄が大敗した戦もあるのです。
それが、村上義清に負けた上田原の戦い。

「おいおい、天才軍配者の勘助がいるのに歴史上では信玄負けちゃってるじゃない?どういうこと?」

って思いますよね?

いやーうまいです。勘助はこの戦いに参加できなかったから、負けたとしても勘助の
能力のせいではないんです。
ただ、参加できない理由は「え?それ使っちゃう?」って感じでしたが、

そんなこんなで勘助は軍配者として世に知られるようになりました。足利学校で約束した小太郎と戦の勝負ができるのは目前。もう一人のご学友、冬之助も不遇の存在でしたが、小説の終盤、あの人に仕えて、アノ人の名前になります。
なるほどなるほど。アノ人もいまいち歴史上で存在がはっきりしない軍配者とされていますからね。

さ、役者はそろいました。第3弾「謙信の軍配者」(あ、ばらしてしまった。。)が楽しみです♪



戦国時代ブログランキング参加中!「第3弾も楽しみー!」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

早雲の軍配者【戦国エンターテインメント小説を斬る!】 [風魔小太郎]

2014年最後(かな?)のブログは、軍配者シリーズの1作目、富樫倫太郎氏の「早雲の軍配者」を紹介します!
4120040992.jpg

戦国時代のフィクションを多く読んできた中で、面白いなと思う小説の題材がなんとなくわかってきました。

①忍者
②雑賀
③村上水軍

上記の3つは超人的な人がいてもおかしくなく、うまく実際の史実の中に入ってきて、織田信長をはじめメジャーな戦国大名に絡めることができるんですよね。

それともうひとつ。

④歴史に名前が残っているが前半生やそもそも何をやったのかわからない人

前半生何やっていたかわからない人の代表として、明智光秀、松永久秀、雑賀孫市三なんかがいますかね?それとこの小説に出てくる山本勘助。そもそも何をやったのかわからない人の代表がこの小説の主人公の風魔小太郎。なんとこの二人は足利学校時代のご学友という設定なのです。

うん、面白いと思います。黒田官兵衛や竹中半兵衛といったいわゆる"軍師”と呼ばれる人達が出てくる前の軍師を軍配者として戦の戦略以外に何を行っていたことが理解できます。

実はまだ続編の「信玄の軍配者」と「謙信の軍配者」を読んでいないのでなんともいえないんですが?小太郎はもう出てこないのでしょうか?続編ありきで描かれていると思いますが、「え?ここで終わり?」という「スラムダンク」的な消化不良感があったのですが、、ま、続編が楽しみです!








はーい、ここまでが初級編の読書感想文。このブログのご常連さんにはもう少し歴史的な解説を。

まだ読んでない方はネタバレになるかも知れませんので、ここから先はお読みいただいた後にご覧くださいませ。

この小説の後半で小太郎が仕えている北条氏綱と上杉朝興が戦った「高輪原の戦い」は実際に1524年にあった戦いで、史実では北条軍が勝ちました、太田道灌の孫が朝興を裏切り江戸城を奪ったのは事実です。ただ小説と異なり、高輪原の戦いより前です。この小説では、小太郎のもう一人のご学友、曾我冬之助が上杉軍の軍配者として北条の大軍を苦しめるわけです。

この高輪の戦いに関連して小説に出てくる城と高輪原を地図で確認しましょう。
無題.jpg

赤丸が北条軍の玉縄城、緑丸が上杉軍の権現山城、青丸が江戸城、ピンクが高輪原といった地理になります。冬之助は玉縄城を出た北条軍を高輪原に誘い込む戦略を立てたのですが、さすがにこれは距離が遠いような。。多摩川という大きな川も流れていますし。また、朝興らがこもった権現山城は数千の大軍がこもるには規模が小さいかも。

ちょっと時間経過と距離に無理があるんではというのが私の見解です。

私って人の揚げ足を取る嫌な人間なのかしらん?

戦国時代ブログランキング参加中!「勉強になったー」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最上義光【弟、息子、娘、正室を失って得た山形57万石】 [最上義光]

じゃ~ん、突然ですがクイズです。

Q1.織田信長、伊達政宗、三好長慶の人生で共通して行った事は?
Q2.大友宗麟、斉藤義龍、武田信玄の人生で共通して行った事は?
Q3.徳川家康、武田信玄の人生で共通点して行った事は?





おわかりですか??





それでは回答

A1.弟を殺害している
A2.父親と揉めている
A3.長男を殺している

戦国時代は本当に厳しい時代で親子兄弟が血で血を争っていた時代なんですね。。

今日ご紹介するのは永岡慶之助氏の「最上義光」です。
516CubE+8lL.jpg

この最上さん、父親と揉め、弟を攻め滅ぼし、挙句の果てには長男を暗殺してしまう(諸説あり)という、最初のクイズをすべて経験した人なのです。

義光は伊達政宗の伯父さんとしての方が有名ですかね?最上家のお家騒動から家督を得た義光jは徐々に勢力を拡大し、血縁関係の伊達家と時には戦いながら時代は過ぎ、小田原征伐の際に参陣して豊臣秀吉よりなんとか本領安堵を得ました。

その後、義光はまだどの大名も行ってなかったことをします。それは秀吉でなく、徳川家康のもとに人質として次男の家親を差し出します。これは先見の明がありましたねー。

ところが悲しい話も。。義光には駒姫というとても可愛がっている娘がいたのですが、豊臣秀次が気に入り、
側室として差し出せと言われました。権力には逆らえず泣く泣く差し出したのですが、なんと秀次が秀吉に切腹を命じられた際に駒姫も連座して殺されてしまい、義光に謀反の疑いまでかけられる始末。しかも、あまりの悲しみのショックで奥さん(駒姫のお母さん)がなくなってしまうという2重のショックが続きました。

もう、こうなれば完全に秀吉FxxK offですよ。関が原の戦いでは俄然東軍。上杉景勝/直江兼続に攻められながらも撃退し、領地は倍増。山形57万石の大大名へとなりました。家親を家康の人質に入れておいて本当によかったと思ったでしょう。。

が、この家親が問題に。。

義光には義康という優秀な長男がいたのですが、家康は自分の手元で育てた家親がかわいく、家親の最上家を継がせたいと考えました。権力に弱い義光。。長男を暗殺し、家親に最上家を継がせます。(この小説でのストーリーです。)

義光は山形57万石を守り亡くなりました。これで最上家も安泰であろうと。。。

が、

が、、

なんと、この家親がすぐに亡くなってしまうんです。後を継いだのは家親のまだ小さい子供。家臣たちの中に家親の弟を藩主にしたほうがいいのでは考える派閥ができ、対立。この揉め事が幕府に伝わりあえなく最上家は改易となります。

義光は戦国武将の中でもトップレベルの波乱万丈な人生を送ったと思います。大河ドラマでやってもストーリーだけなら視聴率取れるんじゃないですかね?

義光の人生に興味がある方はぜひお読みください!

戦国時代ブログランキング参加中!「面白かったー」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

墨染の鎧【恵瓊の見立てはえぇ~け~のぅ】 [安国寺恵瓊]

今回は「天地人」でお馴染み、火坂雅志氏の「墨染の鎧」をご紹介します♪
go.jpg


「信長之代、五年、三年は持たるべく候。明年辺は公家などに成さるべく候かと見及び申候。左候て後、高ころびに、あおのけに転ばれ候ずると見え申候。藤吉郎さりとてはの者にて候」

信長の絶頂期に信長の将来が危ないことを予測して、多くの家臣団の中から秀吉が台頭してくることを予測していたことで有名な安国寺恵瓊が主人公です。戦国時代には大名同士間の交渉を行う外交僧が多くいましたが、恵瓊も毛利家の外交僧として活躍した人です。ただ、他の外交僧と違うのは大名の出身ということ。恵瓊は名門安芸武田氏の出身でお父さんが毛利元就の攻め滅ぼされた後、父親の敵である元就に仕えることになります。

恵瓊が世に出るようになったのは、羽柴秀吉が備中高松城を水攻めにしていた際の毛利側の交渉役を務めていたころですかね?その最中に本能寺の変が起き、信長が死んだことを知りましたが、秀吉の世の中が来ることを予測していた恵瓊は小早川隆景と共に秀吉を追わなかったといわれています。

そのことが評価されたのか、秀吉の出世と共に恵瓊も出世していき、とうとう伊予6万石の大名にまでなります。
秀吉の死後、恵瓊は豊臣家を守るために石田三成とともに反家康派として、主君の毛利輝元を西軍の総大将に担ぎ出すことに成功しましたが、関が原の戦いでは、恵瓊軍の前に東軍と誼を通じていた吉川広家が戦いに
参加しなかったため、結果的に軍を動かすことができず、西軍は敗退。京都に逃げた恵瓊は捕まり、三成、小西行長と共に斬首されました。

その後、毛利家は大幅に領地を減らされたため、恵瓊はその張本人とされ、しかも頭でっかちの僧だったためかなんとなく悪役のイメージがついてますが、田舎者(失礼!)の集まりの毛利家に京都の東福寺で修行をしていた恵瓊が中央での情報を持ってきていたからこそ、毛利家は存続したのではとも考えられます。

さてこの小説、若いころの全国を旅する恵瓊が描かれるなど興味深い内容になっています。しかも最後には恵瓊にとんでもない秘密があることが!!


戦国時代ブログランキング参加中!「秘密って何??」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

家康の子【つくづく運の悪かった結城秀康】 [結城秀康]

はぁぁ、またも更新が遅くなり。。

ちょっと前のNHK「歴史秘話ヒストリア」でこんなのやってました。

オヤジって大変だ ~天下人・家康と子どもたち~
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/215.html

この番組では、徳川家康の子供である信康、秀康、秀忠の人生について放送してましたが、たまたま同じタイミングで植松三十里氏の「家康の子」を読んでいました。
617NahOx6kL.jpg


結城秀康をテーマにした小説は初めて読んだ気がします。秀康の人生についてはだいたい知っていたと思ったものの、新しく知ったことがありました。

・秀康は魚のギイに似ていたから家康に嫌われたのではない。

秀康は、家康が”手をつけた”奥女中の於万の方の息子なのだが、このとき秀康は双子で産まれたらしく、戦国時代は双子を忌み嫌っており、そのために家康から冷遇を受けたとのこと。

ちなみに秀康が産まれた場所は今でも残っているらしいです。(建物は後の時代のものですが。。)

中村家住宅
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/bunkazai/shitei/yuto/yuto/nakamurake.html

その後、秀吉の養子になりながらも秀吉に鶴松が誕生すると結城家に養子に出されたり、関が原の戦い時には上杉景勝の牽制役として戦いに参加できず、弟の秀忠が2代将軍になってしまい、34歳の若さで亡くなってしまうなど、なんとなく運の悪かった武将としてのイメージが強いですね。

大変に優秀な武将だったらしいので、秀吉がもう少し秀康のことを大事にしておいて、秀康が長生きしていれば豊臣、徳川両家の橋渡し役として、豊臣家は滅亡しないですんだのかもしれません。

今回、植松氏の小説を初めて読みましたが、氏が女性ですから、不幸な生い立ちの秀康を見る母親の目線に重きを置いた内容だったかなと思います。



戦国時代ブログランキング参加中!「勉強になった」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。