So-net無料ブログ作成

業政駆ける【追悼 火坂雅志氏】 [長野業政]

先月、大変残念なニュースがありました。。

火坂雅志さん死去 58歳、歴史小説「天地人」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H9V_X20C15A2CZ8000/

このブログでも、

真田三代【真田幸村の叔父さんの話】
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2012-11-26
墨染の鎧【恵瓊の見立てはえぇ~け~のぅ】
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2014-11-22

と、火坂氏の小説を取り上げています。氏の作家生活前半の小説はほとんど読んでいないのですが、「天地人」あたりからの主人公の土地の風土やそれが生み出す人柄、人間性を組み合わせた小説づくりによって氏の小説のオリジナリティが出てきたところだっただけに、残念でなりません。
少し前に「利休にたずねよ」の山本兼一氏もなくなっており(お二人ともまだ50代。。)これからまだまだ楽しみ
な作家を失ってしまった歴史小説業界であります。

そんな火坂氏への追悼の意を込めて今回は「業政駆ける」から長野業政を紹介します。
32998867.jpg


長野業政(業正の方で知られていますかね?小説では業政なのでこちらを使っていきます)はfuzzyも好きな武将です。堅城箕輪城を本拠に「武田信玄に負けなかった武将」として、西上野を守り切りました。この西上野という地域において業政は決して有力な大名であったわけでなく、小規模の国人衆の盟主というポジションだったんですね。それは業政の人柄や知略のみならず、10人以上いた娘たちを国人達の嫁とすることで血縁関係を深め、西上野の弱小連合軍を結成し武田、北条と戦ったのです。

もう一つ。業政にはある有名な家臣がいました。「剣聖」といわれた上泉伊勢守信綱です。業政の死後、箕輪城が落城すると信綱は降伏します。信玄は自分の家臣にスカウトしましたが、信綱は断り、剣の腕を磨く旅に出ていきました。

業政は次のような遺言を残しました。
「私が死んだ後、一里塚と変わらないような墓を作れ。我が法要は無用。敵の首を墓前に一つでも多く供えよ。敵に降伏してはならない。運が尽きたなら潔く討死せよ。それこそが私への孝養、これに過ぎたるものはない」

業政の後を継いだのはまだ14歳の業盛。一度は信玄を撃退しますが、数年後信玄の猛攻の前に遺言通り降伏せずに箕輪城で自刃しました。19歳の若さでした。。

業盛も若いながらの優秀な武将だったようですが、実は業政には長男(吉業)がいたのですが、川越夜戦の時の傷が元で若死してしまったようです。もし吉業が生きていれば信玄を撃退できたか。。どうでしょう?

冒頭で書いたように“上州気質”と国人衆の団結を組み合わせて展開していきます。業政に世話になりながら敵の信玄の家臣となった真田幸隆、子だくさんの業正と生涯独身の上杉謙信が対比となって描かれているいい小説だと思います。もう新しい小説が読めないのが残念ですね。


戦国時代ブログランキング参加中!「読みたい!」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

宇喜多の捨て嫁【近年稀に見る秀逸なタイトル】 [宇喜多直家]

ま、本来なら「謙信の軍配者」を紹介する回なのではありますが、、

昨年の直木賞の候補作が発表された時、大変興味深いタイトルを見つけました。
51V9pAxMDoL__SY344_BO1,204,203,200_.jpg

「宇喜多ってあの宇喜多秀家の宇喜多だよな?で、捨て嫁。。そんな言葉があるかわからないけど、
おそらく直家の話だろうか。。」

残念ながら直木賞の受賞はなりませんでしたが、これが木下昌輝氏のデビュー作とのこと。
というわけで今回は氏の「宇喜多の捨て嫁」をご紹介します♪

で、捨て嫁とは、本文にはこのように書いています。

-------------------------
「碁に捨て石という考えがありもうす。一石を敵に与えて、それ以上の利を得るというもの。あるいは将棋の捨て駒。血のつながった娘を嫁がせ、油断させた上で寝首をかく宇喜多直家様のご手腕は、まさにこの捨て石や捨て駒のごとき考え」

 於葉は、この老人にひるんでいる己を自覚した。

「そう、正室や己の血のつながった娘さえも仕物に利用する。これを言葉にするならば、捨て石ならぬ……」
 安東相馬が仰々しく天井を見て、一拍置いた。

「捨て嫁」
-------------------------

主役は謀略の限りを尽くした悪逆非道の梟雄・宇喜多直家の四女於葉。
於葉が長女、次女、三女そして母親のように直家の謀略で嫁入り先で使い捨てられてしまうのかのお話。

と、思いきや、70ページ超えの時点で終了。

「あらら、この話って短編集の一つだったんだ」
と思い、次の短編を読むと、、

なるほど、この小説はそれぞれ短編集の形をとっていますが、主役は宇喜多直家。その生涯が区切って書かれています。しかも最後まで読むとそれぞれの話が繋がっていて・・・。
このあたりが直木賞の候補となり、オール読物新人賞の受賞者となった実力でしょうか?

斉藤道三や松永久秀なんか目じゃないほどの戦国時代トップクラスのヒドイ奴である直家ですが、読み終わると「悪い奴じゃないかも」って感想になると思います。

家族、家臣を愛し、謀殺や暗殺を行うのは無駄に兵や民を失わないために必要最小限の戦を行うため。事実、この小説には戦のシーンはほとんどでてきません。

戦国時代が好きでない方にもオススメですが、直家の一生を理解した上で読んだほうがより一層楽しめると思います。

木下氏の次回作が面白いものになるのかは、直家のようなキャラクターを見つけられるかにかかってますね!


戦国時代ブログランキング参加中!「読みたい!」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。