So-net無料ブログ作成
検索選択

本能寺の変 431年目の真実【信長が本能寺にいた本当の理由】 [明智光秀]

なんと、何年か振りに2週連続のブログ更新!たまにはがんばってます!!

さて、6月の終わりにこんなニュースYahoo!のトップページに出ていたのを覚えていらっしゃいますか?

msn産経ニュース
謎に迫る新史料 光秀、四国攻め回避で決起か 林原美術館が明らかに
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140623/wlf14062321240026-n1.htm

 明智光秀が主君の織田信長を討った「本能寺の変」について、林原美術館(岡山市北区)が所蔵する「石谷家(いしがいけ)文書」に土佐の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が光秀の腹心に宛てて四国攻めに苦悩する書状があったことが23日、明らかになった。変の要因には諸説あるが、長宗我部との関係を重んじた光秀が四国攻めを回避するため決起した可能性を示す史料として大きな論議を呼びそうだ。
(続きはWebで。。)

謎が謎を呼ぶ本能寺の変。信長の四国攻めが理由で明智光秀が謀反を起こした可能性が上がったという生地でした。fuzzyも四国説が有力ではないかと以前から考えていましたが、、、

歴史街道 8月号
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300274019-1
歴史街道5月号【本能寺の変と斎藤利三の関係】
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2012-05-05

未だに本能寺の変は謎に包まれています。

そんな中で本日ご紹介する本は明智憲三郎氏の「本能寺の変 431年目の真実」です♪
ac2d8826298d58783ff557d086a2cc1f.jpg

著者の名前を見てのご想像通り、明智氏は明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸(おづるまる)の子孫
とのことです。

「ふむふむ、出版社が光秀の子孫を引っ張り出して先祖の汚名を晴らすって感じの本??」

って思いますよね。だってこの方の経歴、「慶應義塾大学大学院→大手電機メーカーに入社。」
サラリーマンですもん。(優秀な方というのは学歴みてわかりますが)

ところが、すんごーい調査されてるんですよ。読み手がびっくりするくらいに。。明智さん、軽んじてごめんなさい!

明智さんは、勝者(秀吉?家康??)が自分の都合にいいように歴史書を変えており、現在ある光秀の人物像や謀反理由はずっと後の江戸時代になって作られた軍記物やそれを題材にした小説によって形成されているとして、本能寺の変当時の武将や公家、祐筆の残した日記から歴史を捜査したのがこの本になっています。

今までの本能寺の変の謎は「なぜ光秀が謀反を起こしたのか?」という点にフォーカスしており、中国攻めに向かう途中の本能寺にいた信長の動きには誰も触れていなかったのですが、もし信長がある意図を持ってわざと少人数で本能寺に宿泊していたとしたら、話は変わってきません??

読みたくなっちゃいました?

ネタバレになってしまうので、このブログでは中身を書きませんが、この”信長の意図”は新鮮ですし、当時の日記に書かれていた内容からも説得力があります。後半やや強引かなっと思うところもありましたが、基本的には資料に沿った推測で楽しく読むことができます。



信じるか信じないはあなた次第です。



戦国時代ブログランキング募集中!「この本、読みたくなった!」という方は応援クリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

無双の花【立花宗茂と真田幸村の生き方の違い】 [立花宗茂]

またもや更新が、、、失礼しました。

今回は直木賞作家 葉室麟氏の立花宗茂を題材とした「無双の花」を紹介します♪
img_ec7be6b89628f423e5cf3d1424698c06850711.jpg

立花宗茂については5年前(!)にこのブログに登場してもらってます。
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2009-08-20

宗茂の人生は戦国武将の中でもトップレベルの波乱万丈なんですが、大きく分けると、秀吉に「西国一の武将」とたたえられた関が原の戦い"以前”と浪人から元の大名に復帰する"以後”に分けられます。
で、この小説は関が原の戦い後からスタートしているんです。

ここがポイント。私も宗茂の小説を書くなら関が原の戦いの後のことを書くと思います。

で、浪人中に真田幸村や長宗我部盛親と出会います。同じ関が原の戦いで負けた同志として、打倒家康の仲間に加えようとしますが、宗茂は大名に復帰し旧領の筑後柳川を回復するため家康に臣従しているので、これを固辞します。西国一の勇将としての知名度がある宗茂とお父さんは有名だけど、本人たちは実績のない二人。特に幸村はお兄ちゃんの信幸が徳川方だったので、大名として真田家は存在しており、自分の名を上げるには豊臣方につくしかないと考えています。同じ関が原の負け組の武将と生き方を対比させることによって、宗茂の選んだ生き方に興味が惹かれるようになっています。まぁ、宗茂は猛将立花道雪の養子という立場もあり、そう簡単には自分だけの生き方だけではなく立花家をどうするかを考えなければならなかったと思いますが。。

そんなこんなで旧領の筑後柳川の領地を回復!関ヶ原の戦いで大名から浪人まで落ちぶれたのに、元に戻れた武将はほかにはいないと思います。幸村や後藤又兵衛のような、自分の生き方を曲げなかった武将に光が当たりますが、宗茂のような生き方をした武将に光が当たってもいいと思います。大阪の陣の後も徳川秀忠、家光をサポートする立場までになっているのですから。。

ちなみに秀吉に讃えられた東の勇将は本多忠勝です。


戦国時代ブログランキング募集中!「無双の花、読みたくなった!」という方は応援クリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。