So-net無料ブログ作成
検索選択

海将【興味深い小西行長の前半生】 [小西行長]

久々に書評にいってきましょう♪

今回ご紹介するのは、白石一郎氏の「海将」です!
510AG1QW1XL__SS500_.jpg


キリシタン大名小西行長の前半生をテーマにした作品です。
以前このブログで小西行長と加藤清正の争いを焦点にした遠藤周作氏の「宿敵」を紹介しましたが、

宿敵①【小西行長の宿敵は…?】 
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2010-03-07
宿敵②【小西行長VS加藤清正の攻防】
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2010-03-14

この「宿敵」と今回ご紹介する「海将」が小西行長をテーマにした2大小説といえると思います。遠藤周作が芥川賞作家なら、白石一郎は直木賞作家ですからね。この二人から題材に選ばれた行長はとても興味深い武将だったのでしょう。

特に白石一郎氏といえば、海をテーマにした小説で有名ですね。今回の題材にした行長はまさに「海の男」としてうってつけだったと思います。

先に言っておきます。この小説は面白いです。その理由は行長の前半生をテーマにしているからなんですね。

小西行長の名前が歴史上に出るのは、文禄・慶長の役での朝鮮への出兵からで、関が原の戦いで西軍につき、敗れて六条河原で斬首されたというのが皆さんもご存知のところ。この小説は上下巻に分かれた大作にもかかわらず、肥後半国の大名になったところですっぱりと終わっちゃうんですよ。。つまり、行長のあまり知られていない部分のみを小説にしているのです。

だから全体を通してフィクション的な要素があるのですが、ベースは史実に基づいているのでうそ臭くない。
特に前半の羽柴秀吉、小西隆佐、宇喜多直家との関係は非常に面白いです。

ご興味がありましたら是非♪

戦国時代ブログランキング募集中!「海将読みたくなった!」という方は応援クリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。