So-net無料ブログ作成

戦国ニュース【江戸城天守閣の建築費は350億円ナリ】 [その他]

前回の続報です。350億円あれば東京五輪までに完成することが可能なようです。
が、官の協力が是非とも必要とのことなのですが、猪瀬都知事は「小さな天守を作ったら皇居全体が安っぽく見える」と否定的らしいです。
知事の意見も確かに一理あるんですよね。日本で最も大きかった天守閣を木造で再現するのはとてもすごいことなんですけど、天守閣はあくまでも城の一部と考えると完全復元を目指している熊本城のほうがお城の復元としてはいいような気がします。ちょっと戦後復興で各地にたてられた天守閣が知事の頭によぎったのかもしれません。ちなみのfuzzyの天守閣再建希望する城は萩城と津山城です。どっちもお金があれば可能だと思うのですが。。


-----------------------------
ケンプラッツ
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20131023/637150/?P=1
(会員登録してないと見られないかもしれません。。)

江戸城天守の再建なるか、事業費350億円と試算
2013/10/29

 1657年の「明暦の大火」で焼失した旧江戸城の天守を再建するには、約350億円かかるものの、経済波及効果は約1000億円に上る――。こんな試算を認定NPO法人の「江戸城天守を再建する会」(東京都千代田区)が取りまとめた。実現性についての調査を外部機関に依頼して、結果を10月25日に発表した。世界に誇れる日本の伝統や文化の象徴として、2020年東京五輪の開催に合わせた再建を訴える。

イメージ写真
edo.jpg


戦国時代ブログランキング参加中!応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。