So-net無料ブログ作成

太閤暗殺【木村重成のお父さんと石川五右衛門】 [木村重茲]

前回の予告通り、今回は岡田秀文氏の太閤シリーズ(?)の1作目「太閤暗殺」を紹介します。この作品はいくつかの賞を受賞している作品なのですが、内容よりも木村重茲という人物を見出だせたことを評価したいと思います。

木村重茲??

ま、戦国好きの方でもあまりご存じではないかと思います。重茲は秀吉が天下を取るまでの前半で官僚として活躍していた武将なのですが、天下統一後は秀吉のもとで石田三成、前田玄以といった新しい有能な官僚が台頭してきて、重茲は左遷されるかのように豊臣秀次の家老となります。。

ご存知の通り、秀次は秀吉の後継者として関白にまでなったのですが、そのタイミングで秀頼が産まれます。この秀頼の存在が、秀吉と秀次、重茲と三成、玄以との対立が深めます。秀頼に天下を譲りたいから自分は殺されると考えた秀次は関白とは思えない奇行が目立つようになり、このままでは秀次もろとも自分の立場も危うくなると考えた重茲は石川五衛門を使って太閤秀吉の暗殺を計画します。

この対立軸と石川五右衛門という伝説の盗賊をうまく使うことで面白い小説に仕上がったんですね。
「太閤暗殺」も最後にアッと言わせる展開が待ってますが、うーん、、、私は嫌いなパターンですかね?
時代的小説のセオリーとして「歴史を改竄しない」という点ではすばらしいと思いますが、皆さんはどうでしょうか?

ちなみに重茲は秀次が切腹させられた時に家老としての責任を取らされ切腹します。この重茲の遺児が大阪の陣で奮戦したイケメン武将木村重成といわれています。この「いわれている」というのがポイントで、重成は小説の中で出てきますので、誰のことだか探してみてくださいね。

小説全体を通して、史実とフィクションをうまくバランスをとったよい小説です。ご興味があればぜひ♪


センゴクジダイブログ参加中!応援クリックおねがいしまーす!


にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。