So-net無料ブログ作成

城盗り藤吉郎【秀吉が最も輝いた時はいつか?】 [木下藤吉郎]

またもや、更新が遅れてしまいました。。

今回は岡田秀文氏の「城盗り藤吉郎」を紹介します。いままだこのブログでは信長、秀吉、家康はあえて取り上げないようにして、マイナー武将の紹介をしていたのですが、今回は木下藤吉郎ということで、取り上げてみました。秀吉(藤吉郎)が出世するにあたるターニングポイントがいくつかあったと思います。浅井長政の裏切りによる越前からの撤退戦、中国攻略、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦い、小牧長久手の戦いといくつかあったと思いますが、最も輝いていたのが、稲葉山城を落城させるまでの美濃攻略戦だったと思います。まだ信長の信頼も勝ち得ておらず、兵も少ない藤吉郎が出世を目指すにあたって蜂須賀小六と新しく軍師として迎えた竹中半兵衛、デビューしたての弟秀長と共に調略と知恵で墨俣の一夜城を築き、稲葉山城を裏山から攻めとるまでが最も個人としての能力が発揮されたのではないかと思います。

この小説は丁度その時期だけを抜粋した形になっており、とてもいい選出だし、読み手も読んでいて楽しいのではと思います。

が、

が、ですよ。この小説は氏の『太閤シリーズ(?)』の2作目。ちょっと色気が出ちゃったのかな?藤吉郎がそう簡単に出世できないようにする仕掛けを施しているのですが、あんまり本編と関係ないのでは?と思うところがあるんです。。藤吉郎を気に入らない信長家臣はよいとして、ねねを狙う輩は。。

というわけで次回は太閤シリーズの1作品目「太閤暗殺」のレビューをしたいと思います。

☆更新が少ないにも関わらず、今月に入り60万アクセスを達成しました!ひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます!!


戦国時代ブログランキング参加中!更新が遅れているので急降下中。。応援お願いします!!


にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。