So-net無料ブログ作成

天地雷動【長篠の戦いのキーワードは“玉薬”】 [武田勝頼]

最近注目している歴史作家さんというと、今回ご紹介する「天地雷動」の作者、伊東潤氏であります。
無題.png

氏の経歴が面白く、もともとIBMやSAPといった大手IT企業にいたバリバリのビジネスマン出身。私はビジネスマン出身の作家さんは基本的に好きです。経済観点を持った小説が書けるから、同じビジネスマンとしてシンパシーを感じるのかもしれませんね。

で、今回の「天地雷動」。長篠の戦いがテーマの小説です。
長篠の戦いでなぜ勝頼が無謀な突撃をしたかについては以前このブログで解説しております。

歴史街道3月号【長篠の戦いの真実とは?】
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300935457-1

この小説のキーパースンとなる人物は羽柴秀吉です。秀吉は信長に3千張の鉄砲を揃えるように命じられます。このころの秀吉は長浜城主に命じられ、長浜城の築城をはじめ領国経営に力を入れていたので、本当に命じられたのかは定かではありませんが、十分考えられることです。

鉄砲をどうやって武田との戦いの期限までに揃えるか?ここに秀吉による製造のボトルネックの問題解決があったりしたのですが、この小説が面白いのは「玉薬(鉄砲を発射する火薬)をいかに確保するのか?そして武田家に持たせないようにするか?」というところに焦点が当たっている点です。鉄砲があっても玉と火薬がなくなってしまえばただの棒。。こういう経済観点が入っているのは氏がビジネスマン出身だからかもしれません。

勝頼、信長、家康の政治的思惑に秀吉の経済的要素、さらに宮下帯刀という架空の武田軍の現場の武士を出すことで鉄砲の飛び交う戦場のリアル感を出し、「24」のような緊迫した時間経過で進んでいくのがこの小説の面白いといわれる理由かもしれません。そして小説の最後、長篠の敗退がある人物によって仕組まれていたことが。。

長篠以降の話となる「武田家滅亡」も楽しみです!

戦国時代ブログランキング参加中!「読みたい!」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。