So-net無料ブログ作成

墨染の鎧【恵瓊の見立てはえぇ~け~のぅ】 [安国寺恵瓊]

今回は「天地人」でお馴染み、火坂雅志氏の「墨染の鎧」をご紹介します♪
go.jpg


「信長之代、五年、三年は持たるべく候。明年辺は公家などに成さるべく候かと見及び申候。左候て後、高ころびに、あおのけに転ばれ候ずると見え申候。藤吉郎さりとてはの者にて候」

信長の絶頂期に信長の将来が危ないことを予測して、多くの家臣団の中から秀吉が台頭してくることを予測していたことで有名な安国寺恵瓊が主人公です。戦国時代には大名同士間の交渉を行う外交僧が多くいましたが、恵瓊も毛利家の外交僧として活躍した人です。ただ、他の外交僧と違うのは大名の出身ということ。恵瓊は名門安芸武田氏の出身でお父さんが毛利元就の攻め滅ぼされた後、父親の敵である元就に仕えることになります。

恵瓊が世に出るようになったのは、羽柴秀吉が備中高松城を水攻めにしていた際の毛利側の交渉役を務めていたころですかね?その最中に本能寺の変が起き、信長が死んだことを知りましたが、秀吉の世の中が来ることを予測していた恵瓊は小早川隆景と共に秀吉を追わなかったといわれています。

そのことが評価されたのか、秀吉の出世と共に恵瓊も出世していき、とうとう伊予6万石の大名にまでなります。
秀吉の死後、恵瓊は豊臣家を守るために石田三成とともに反家康派として、主君の毛利輝元を西軍の総大将に担ぎ出すことに成功しましたが、関が原の戦いでは、恵瓊軍の前に東軍と誼を通じていた吉川広家が戦いに
参加しなかったため、結果的に軍を動かすことができず、西軍は敗退。京都に逃げた恵瓊は捕まり、三成、小西行長と共に斬首されました。

その後、毛利家は大幅に領地を減らされたため、恵瓊はその張本人とされ、しかも頭でっかちの僧だったためかなんとなく悪役のイメージがついてますが、田舎者(失礼!)の集まりの毛利家に京都の東福寺で修行をしていた恵瓊が中央での情報を持ってきていたからこそ、毛利家は存続したのではとも考えられます。

さてこの小説、若いころの全国を旅する恵瓊が描かれるなど興味深い内容になっています。しかも最後には恵瓊にとんでもない秘密があることが!!


戦国時代ブログランキング参加中!「秘密って何??」という方は応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。