So-net無料ブログ作成
検索選択

道明寺合戦古戦場訪問記2【『後藤又兵衛奮戦の地』碑のナゾ】 [古戦場-大阪府]

おまたせしました!
道明寺合戦古戦場訪問記の第2回目となります♪

今回は小松山の尾根沿いにある玉手山公園をご紹介します。この公園に後藤又兵衛関連の石碑があります。

公園は無料。早速、中に入ると観光地で有名な“アレ”の後藤又兵衛Ver.が迎えてくれます。
1DSC_0007.JPG

なんだか、殺風景な野外劇場。。
1DSC_0014.JPG

実はこの公園、昔は「近鉄玉手山遊園地」という名前の1908年(明治41年)に開業した、西日本で一番古い遊園地だったとのこと。昭和の中ごろまでは盛況だったのですが、入場者が減り閉園。現在は地元の柏原市の公園となっているのです。

この建物「アンティックな音楽堂」という名前で、開園当初からあるものらしいです。
1DSC_0008.JPG

いや~、寂れ方がハンパないって。。
1DSC_0030.JPG

と、

思って冷やかしに入った左側の歴史館。実はこの歴史館、道明寺合戦に関して解説した資料が展示してあります。大変勉強になりました。外観でスルーしなくてよかった。。

公園入口から寂れた遊園地跡を横目にテクテク小山を上ること5~6分、やっとそれらしいものが見えてきました。

これが後藤又兵衛の石碑です。
1DSC_0020.JPG

この費、実は意外と大きいんです。
1DSC_0022.JPG

隣にあるのは、後藤又兵衛を介錯した吉村武右衛門の碑です。武右衛門は又兵衛の首を打ち落とした後に、
首を深田に埋め隠し、大阪の陣後に掘り出して伊予の又兵衛の親戚の寺に届け、そこで葬られたとされています。

やはり又兵衛の碑の方が大きいですね。
1DSC_0028.JPG

しだれ桜が植えられています。
1DSC_0016.JPG


さて、最後に後藤又兵衛が最期を迎えたであろう地にある「後藤又兵衛基次奮戦乃地碑」を見に行きます。

黄色が碑があるところ。赤が小松山、青が玉手山公園です。
sas.JPG


ここを訪れた方のブログ等を拝見すると、非常にわかりにくいところにあるらしいのだが、それにしても見つからない。。

ここでそこらへんにいた地元のおじさんAに聞いてみる。
f:「後藤又兵衛の碑がここらへんにあると聞いたんですが。。」
A:「たしかそんなん、あったかも。向こうのほうやないかな?」

今来た道じゃねーかよ。。

で、戻る。


ない。


やっぱりないものはない。。


あきらめるのか、いや、ここまで来て見なかったら後悔することになる。

と、向こうから自転車に乗ったおじさん(Bにしよう)がやってきた。(頼むぜ、おじさん、知っていててくれ!)


f:「後藤又兵衛の碑がここらへんにあると聞いたんですが。。」
B:「あ、あれね、撤去されたわ。」

f:「てっ撤去ですか??」

f:「なんでなんでしょう?」
B:「さー、わからんけどなぁ」

f:「で、どこにあったんですか?」
B:「そこ(と指差す)、あんたの後ろや」

と、いうわけで「後藤又兵衛基次奮戦乃地碑」の跡はこちら。
1DSC_0073.JPG

確かに他のブログの碑の写真にある後ろの木の具合は同じだし、なんだか掘り出した跡の感じもある。。


この碑は吉村武右衛門のご子孫が建てられたらしいのですが、どなたか碑のナゾをご存知の方はいらっしゃいませんか??



さて、次回の「道明寺合戦古戦場訪問記」は、小松山で又兵衛を破った徳川軍は川を渡り、河内平野へ。そこには又兵衛から遅れて到着した薄田隼人が待っていた。。

3部作の完結編「誉田合戦」をお楽しみに!



戦国時代ブログランキング参加中!「碑はどこいっちゃったんだろう?」という方、応援クリックお願いします!!

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

森勝永

大和川近くの片山テニスコート(片山庭球場:大阪府柏原市片山町541)の駐車場端に移転されています。

詳細は柏原歴史資料館のホームページ内にある「大坂夏の陣を歩く」というパンフレット(PDFファイル)をダウロードすると、それの2ページ目に載っています。

そのPDFファイルが置かれているページのリンクを貼っておきます。
http://www.city.kashiwara.osaka.jp/docs/2014100300159/?doc_id=2218
by 森勝永 (2016-10-13 02:54) 

fuzzy

森勝永さま、情報ありがとうございます!!

なるほど、これは私が訪問した時には既に移転されていたのですかね??「真田丸」も又兵衛が出てきて佳境を迎えつつあるので、この一帯が観光地になるかもしれませんね。


by fuzzy (2016-10-19 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。