So-net無料ブログ作成
検索選択

英雄にっぽん【池波正太郎の英雄は鹿之助?】 [山中鹿之助]

山中鹿之助ファンの皆様、お待たせしました!
今回は池波正太郎の「英雄にっぽん」を紹介します!!

なんだか大層なタイトルがついているので、信長や秀吉の話かと思えば鹿之助の話なんですよね。。
以前、鹿之助を描いた小説として「英雄にっぽん」と双璧をなす津本陽氏の「出雲の鷹」
を紹介しましたが、(しかも3回に渡って)
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2009-11-22
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2009-12-05
http://sengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/2009-12-12

今回はどんな鹿之助が描かれているのでしょうか??

結論から先に言いますと、大作家である池波正太郎氏に鹿之助は大局感のなさ、人の良すぎるところ等、かなりのダメ出しを喰らっています。。
何度毛利を攻めても失敗し、挙げ句の果てに上月城籠城中に信長に見捨てられると。。

また、鹿之助がそこそこ頑張っていた因幡攻めについては1ページも書いてないのに、鹿之助の参加していない三方ヶ原の戦いや長篠の戦いについて多くのページが割かれているのです。
大変残念なことですが、ここに尼子再興のための月山富田城奪回という目的のための田舎(失礼!)
のゲリラ戦と戦国最強の騎馬軍団と戦う、鉄砲を使った新しい戦い方との格差を表したらのではないかと思うんです。。

でも尼子再興という目的がないと鹿之助はどこかの大名に属した一武将としてたいして有名にならずに終わったかもしれないですもんね。

鹿之助の一生をまず知るために「出雲の鷹」を読み、その後で戦国時代における鹿之助の立ち位置を俯瞰して見るために「英雄にっぽん」を読むのが『正しい鹿之助の知り方』かもしれません。

ファンとしては悲しい読み方ですが。。

戦国時代ブログ参加中!「もっと更新の頻度を上げろ!」激励クリックお願いします!!


にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。